ギャラリーへようこそ

ジャンル別(50音順)

2010年3月、花月園競輪場が60年の歴史に幕を下ろしました。7ヘクタールにもなるその跡地は現在も広域避難場所であり、市街化が進んだ鶴見にとって大変貴重なスペース。
その跡地利用について、井上さくらは、防災公園など緑を残して市民利用に供するよういち早く提案し、署名運動などを行ってきました。
その成果として、現在、県・市・花月園観光(株)により「防災公園街区整備事業」の検討が始まっています。

 
市長へ申し入れ   市長へ申し入れ
 
神奈川県へ申し入れ   競輪場跡地視察
 
競輪場視察   競輪場視察
 
花月園競輪場関係県有地概要   検討会の「中間とりまとめ」
bousai    
花月園跡地防災公園街区整備事業計画図